防水工事の種類

HOME防水工事の種類

防水工事の種類

シーリング工事
建物の外壁の継ぎ目や窓まわり部分の隙間をつなぎ、埋め合わせるため、追従性のあるゴム系のシーリング材を充填する工事です。

ウレタン防水
ウレタン防水とは、ウレタン塗料を塗布して防水層を形成する防水工事です。特長としては、継ぎ目のない防水面を作ることができ、塗り防水の為、様々な形状の下地に対応が可能です。

シート防水
塩ビや合成ゴムのシートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工事です。伸縮性のあるシートを使用するので、建物の収縮に追従する特徴があります。下地のひび割れなどに強く、工期が短くて済みます。

FRP防水
ガラス繊維強化プラスチックを使って防水を行なう工事です。FRP塗料を塗膜して硬化させて防水面を作ります。軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。

外壁改修
建物の外壁のひび割れやサビ、タイルのはがれなどを補修する工事です。外壁はダメージを放置すると水が浸食し内部を腐食してしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。