受付時間
8時-21時
24時間
緊急対応

防水工事の種類

HOME防水工事の種類外壁補修

外壁補修

外壁補修とは、建物の外壁のひび割れやサビ、タイルのはがれなどを補修する工事です。外壁はダメージを放置すると水が浸食し内部を腐食させてしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

■外壁のひび割れ補修
外壁のコンクリートの打ち継ぎ部分や建具周りなど大きく力がかかる部分にはひび割れが発生しやすく、大きなひび割れになりやすいので適切に補修を行いましょう。小さなひび割れでも放置すると表面の劣化や内部腐食が進行しますので早めの補修をおすすめします。ひび割れの大きさなど状態や現場によって用いる工法や材料などは異なりますので、正しい専門知識を持った防水工事のプロにご相談ください。

■外壁の爆裂と露筋の補修
浸水やコンクリートの経年劣化によって外壁内部の鉄部が腐食すると、その部分が膨張して内部から表面を押し出す現象のことを「爆裂(ばくれつ)」と言います。爆裂が発生した箇所は膨らんでいたり、外壁のひび割れや欠けを起こして、赤茶色の錆汁が表面に流れ出しています。それがさらに進行し表面コンクリートが欠落し、腐食鉄筋が露出している状態を「露筋(ろきん)」と呼びます。この状態は建物への影響にとどまらず、欠落したコンクリートによる災害も招きかねず非常に危険なのですぐに補修工事を行いましょう。

■外壁タイル補修
外壁のタイルも経年劣化によって様々な不具合が発生します。「浮き」と呼ばれるタイルが剥がれかけている状態やひび割れを起こしたりします。タイル目地のシーリング材の劣化から浸水して浮きが発生したり、タイルが貼られている下地がひび割れすることで、表面のタイルがひび割れを起こすこともあります。タイルの張替えのみを行うのではなく、不具合を起こした要因を考え、タイル下地の状態などをよく見極め適切な補修工事を行う必要があります。

外壁補修に関するお問い合わせ

お気軽にお電話ください 03-3329-5091 受付時間:8時〜21時 080-6682-2733 24時間緊急対応