受付時間
8時-21時
24時間
緊急対応

防水工事の種類

HOME防水工事の種類シート防水

シート防水

主に合成ゴムや塩化ビニールなどでできた防水シートを敷いて防水層を作る工法です。
できあがる防水層はシートによる1枚のみですが、シートには伸縮性があり建物の収縮などに追従し、また耐候性にも優れているため、信頼性の高い防水層を作ることができます。

■シート防水のメリット:
下地にひび割れなどが起きても、シートの伸縮性によって追従するため、すぐにシートが破れて防水性が失われてしまうということが少ないと言えます。また特にゴムシート防水においては施工性が高く、コストパフォーマンスが高く、新築時にも改修時にも採用される機会が多いです。

■シート防水のデメリット:
シートで防水層を形成する工事のため、塗膜防水に比べると複雑な形状の箇所への施工が困難言えます。また、基本的にはシートの上の歩行を前提としていません。点検などのために立ち入る必要があったときも、底のやわらかい靴で注意して歩行する必要があります。鳥がつついたことで穴が開いてしまう場合もあり、物理的な衝撃に弱いというデメリットがあります。
施工を行う箇所や状態によって適切な工法を採用することが重要です。必ずしも方法はひとつではないので、プロの防水工事業者にご相談ください。

シート防水に関するお問い合わせ

お気軽にお電話ください 03-3329-5091 受付時間:8時〜21時 080-6682-2733 24時間緊急対応