受付時間
8時-21時
24時間
緊急対応

防水工事の種類

HOME防水工事の種類ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水

液状の防水材を施工箇所に何層にも塗り重ねて防水層を作る塗膜防水のひとつで、ウレタン樹脂を材料として用いる防水工事です。液状の材料を塗布する工法のため、継ぎ目のない仕上がりを作ることができます。

■ウレタン塗膜防水の特徴:
液状の防水材を塗布する工法なので、シート防水と比較した場合、複雑な形状をした箇所や狭い場所の施工に有効です。ウレタン樹脂の材料は固まるとゴムのような弾性を持ちますので建物の振動や挙動に対して一定の効果を発揮します。
また、同じ塗膜防水の一種であるFRP防水と比べた場合、材料費のコストパフォーマンスが高いので、広い屋上などにも施工が可能です。



多くのメリットを持つウレタン塗膜防水は広く採用されていますが、施工においては当然正しく適切な工程を丁寧に行わないと本来の効果を発揮せず、不具合が発生しやすくなってしまいます。例えば、FRP防水に比べて塗膜の硬化が遅く、硬化前に雨に打たれてしまうと防水面に凹凸ができてしまいます。また、事前調査をよく行い、必要な下地調整を入念に行わないと施工後に不具合が生じやすくなってしまいます。正しい知識と技術、経験を持つ信頼できる業者にご相談ください。

ウレタン塗膜防水に関するお問い合わせ

お気軽にお電話ください 03-3329-5091 受付時間:8時〜21時 080-6682-2733 24時間緊急対応