受付時間
8時-21時
24時間
緊急対応

防水工事の種類

HOME防水工事の種類シーリング工事

シーリング工事

シーリング工事とは・・・
シーリング=封印すること(sealing).気密、水密状態を得るために、充填剤などを使い隙間などを塞ぎ密閉することを言い、その充填するための材料をシーリング材(シール材)と呼ばれています。そしてそのシーリング材を充填してた他部材同士の隙間などを塞ぐことで雨水の侵入を防ぐ!それがシーリング工事です。

シーリング材には1液性と2液性とがあり、また材料の種類もウレタン系・シリコン系・ポリサルファイド系・変成シリコーン系・アクリル系etc・・・と各メーカーから数多く商品が提供されており、それぞれ用途が異なり、施工する場所、被着体の材質やその後の仕上げの有無などにより材料を選定しなければなりません。また違う種類の材料が取り合う部分などには注意が必要、で施工する順番を間違えますと材料同士が化学反応を起こし硬化不良や接着不良(場合によっては全く…)などを起こすことから現場を任される者にはシーリング工事のことだけではなくその他の専門的な知識が求められてきます。

■シーリングの役割:
建物の外装において、継ぎ目や繋ぎ目など、防水上、弱い箇所を埋めることで水の侵入を防ぐことが主な役割となります。建物内部に水が侵入すると鉄筋など鉄部の腐食の原因になるため、適切に施工されていることが重要となります。また柔軟性のあるシーリング材を充填することで、建物の振動や挙動の影響を緩和する緩衝材の役目も果たします。

■シーリング工事の主な施工箇所:
コンクリートや外装パネル、タイルなどの目地部分や、サッシやドアなど建具周り、その他あらゆる箇所に施工されます。

シーリングは建物の防水において弱い箇所を防ぐために施工されていますので、劣化した状態を放置し続けると建物に深刻なダメージを与えかねません。定期的な点検と適切なメンテナンスを行うことをおすすめいたしますが、シーリングの劣化の状態がひどい場合は防水工事のプロが対応させていただきますので、ぜひ当社に一度ご相談ください。

シーリング打ち替え工事の主な工程はこちら

シーリング工事に関するお問い合わせ

お気軽にお電話ください 03-3329-5091 受付時間:8時〜21時 080-6682-2733 24時間緊急対応