全ての工事は直接依頼していただけます

  • 大規模改修工事
  • 防水工事
  • 雨漏り修理
  • 施工実績

防水工事の種類

防水工事は、FRP防水やシート防水、ウレタン防水、塩ビシート防水、アスファルト防水様々な種類の工法があります。
工法により特性に違いがあります。

シーリング工事

シーリング工事

建物の外壁の継ぎ目や窓まわり部分の隙間をつなぎ、埋め合わせるため、追従性のあるゴム系のシーリング材を充填する工事です。

ウレタン防水

ウレタン防水

ウレタン防水とは、ウレタン塗料を塗布して防水層を形成する防水工事です。特長としては、継ぎ目のない防水面を作ることができ、塗り防水の為、様々な形状の下地に対応が可能です。

シート防水

シート防水

塩ビや合成ゴムのシートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工事です。伸縮性のあるシートを使用するので、建物の収縮に追従する特徴があります。下地のひび割れなどに強く、工期が短くて済みます。

FRP防水

FRP防水

ガラス繊維強化プラスチックを使って防水を行なう工事です。FRP塗料を塗膜して硬化させて防水面を作ります。軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。

外壁改修

外壁改修

建物の外壁のひび割れやサビ、タイルのはがれなどを補修する工事です。外壁はダメージを放置すると水が浸食し内部を腐食してしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

こんな症状おこっていませんか?

下記は、誰でも把握できる建物の劣化状態を紹介しています。
下記のような症状が発生している場合は早急に防水工事が必要です。

屋上
屋上の防水工事

屋上の防水工事は、塗装面のひび割れや汚れなど劣化が進んでいたら、メンテナンスを検討しましょう。

ベランダ
ベランダの防水工事

ベランダも屋上と同じく、塗装面のダメージによって防水工事を検討しましょう。写真ではシート防水が経年劣化し、シーリングがはがれはじめています。排水構のサビなど劣化進んでいないかチェックしましょう。

窓まわり
窓まわりの防水工事

窓まわりは、主にシーリングの劣化をチェックしましょう。
ひび割れなども起きやすく、特に水漏れや雨漏りをしやすい場所なので、こまめな工事をオススメします。

外壁
外壁の防水工事

外壁は、塗装面のひび割れなどに気をつけましょう。タイルのはがれや、内部金属のサビが表面まで浮かび上がっている場合もあります。放置しておくと内部まで腐食が進み、改修費用がかさんでしまうケースが多いので、外壁補修をオススメします。

メンテナンス・アフターフォロー充実です!メーカー保証付き!

防水工事の授業

防水工事屋さんが教える専門用語

防水工事を行う意味

当社は、防水工事を安心して任せて頂ける明朗会計です。お見積りの段階で材料費や人件費・利益など公開しております。
また、経験豊富な自社スタッフが、現場に合った最適な防水工事を提案いたします。
雨漏りなどの緊急対応や戸建やビル・マンションなど防水工事なら何でもお任せ下さい。
防水工事は、名前のとおり水を防ぐための工事です。雨や雪などから建物を守る役割を担っています。
防水機能には寿命があり年月と共に劣化します。
放置していると雨漏りの原因にもなり、建物の寿命を縮めることになります。

お知らせ